AQSIQライセンス取得代行

AQSIQ・CCIC新規・変更・更新・不服審査・再申請は全部承ります!最速1ヶ月新規取得

中国に、古紙や紙くずなどを輸出できますか

f:id:AQSIQ:20140818103854j:plain

輸出は可能ですが、日本の輸出者側および中国の輸入者側で、それぞれ当局へ事前の申請を行い、認可を得るなどの手続きを行う必要があります。

概略は、以下のとおりです。

 

1.中国における「輸入廃棄物原料国外供給企業登録」

中国廃棄物原料等を輸出する場合、輸出者は、事前に、中国の国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)の「輸入廃棄物原料国外供給企業登録」を行い、登録許可を取得しておく必要があります。ウェブサイトからの登録申請も可能ですが、実際の手続きについては、弊社にお問い合わせ下さい。

 

2.中国側での廃棄物の輸入許可の取得

輸出者(荷送人)がAQSIQから輸入廃棄物原料国外供給企業登録の許可を取得し、契約がまとまった時点で、現地の輸入者(荷受人)側が、国家環境保護総局へ廃棄物輸入許可を申請し、保護総局の審査を経て、輸入許可書を取得します。なお、輸入許可申請は、AQSIQあてに行うのではない点にご注意ください。

 

3.日本での船積み前検査の申請

日本での船積み前検査を、AQSIQが認可した日本国内の検査機関で行います。

4.検査証明書"PRE-SHIPMENT CERTIFICATE"の取得

船積み前検査を受けて合格すれば、検査証明書"PRE-SHIPMENT CERTIFICATE"が発行されます。この証明書は、後に行われる中国での陸揚げ港での本検査(揚地検査)申請の条件となる重要な証明書となります。

 

AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)

 

 


王 傑

 TEL:+86-15958115368

Mail: owencalvin@qq.com   QQ: 2844149814

 

プラスチックを使うことで、エコになって、廃プラを有効にリサイクル

プラスチックは私たちの暮らしに欠かせない素材。廃プラスチックをどのように処理していくかは、地球環境を考えるうえで大切なポイントです。

 プラスチックの特性は、エネルギー資源の節約や環境負荷の低減に貢献しています。下の例では、プラスチックの生産時に発生したエネルギー消費量や環境負荷(CO2など)の量を製品の使用時に抑えることができるため、トータルで省エネ・エコを実現しています。

食品などの容器包装

常温で長期保存が可能な容器包装は、品質を保持するために使われるエネルギーを節約します。 

自動車

内装や部品にプラスチックを使うことで軽量化を実現。ライフサイクル全体環境負荷を低減できました。

 住宅や家電の断熱材

断熱材としてプラスチックを使うと、エネルギーの消費が抑えられ、トータルで省エネ・エコになります。 

廃棄物リサイクル中国輸出証書AQSIQに関して、私に連絡ください。

f:id:AQSIQ:20140806114009j:plain

AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)


王 傑(海外業務担当)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司
〒310000 中国杭州市西湖区古墩路673号瑞博国際ビルA座1035室 
Mobile: +86571 13357103398 Skype: aqsiqsenmonka
TEL: +86571 28958575/86010586  FAX: +86571 86010586
Mail: hz@aqsiqservice.com   QQ: 2844149814
HP: www.aqsiqservice.com

 

利用しやすい産業系廃プラスチック

マテリアルリサイクル(再生利用)された廃プラスチックの量は、2012年は204万tでした。このうち一般系廃プラスチックからマテリアルリサイクルされたものは68万t(一般系廃プラスチックの15%)ですが、産業系廃プラス
チックからマテリアルリサイクルされたものは136万t(産業系廃プラスチックの28%)と 2 倍近くにのぼります。
産業系廃プラスチックの品質が一定であり、また排出量も比較的安定しているため、マテリアルリサイクルに回される割合が大きいためです。
マテリアルリサイクル向け原料の内訳は、使用済品が132万t、生産・加工ロス品が72万tです。これは容器包装、家電、自動車のリサイクルが2012年も順調に推移したことによります。
この使用済品132万tの内訳をみると、PETボトル50万t、包装用フィルム24万t、家電・筐体等15万t、農業用プラスチック 8 万t、発泡スチロール梱包材 7 万t、コンテナ類 7 万tとなっており、容器包装リサイクルや家電リサイクルなどの各種リサイクル法に基づく取り組みが進んでいることがわかります。その背景として、それぞれの業界や関係団体のリサイクルシステムが順調に機能していることがうかがえます。

f:id:AQSIQ:20150805151413j:plain


スクラップ中国輸出許可証AQSIQの質問を遠慮無くお聞きください。

 

AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)

 

 


王 傑

Homepage: http://www.aqsiq.jp

Mail: aqsiq@aqsiq.jp

AQSIQ取得によくある質問

問い:どのような会社はAQSIQ証書を申請しなければなりませんか?
答え:廃棄物を中国に輸出する全ての外国系会社。
問い:どのような材料は固形廃棄物原料に該当するのですか?
答え:トランス、廃モーター、ケーブル、電線、古紙、廃プラスチック、廃織物等を含む金属廃棄物、混合 金属くず。
問い:AQSIQを取得するには、企業に対する必須要件はなんでしょうか?
答え:企業登記文書や税務関連文書を有し、実在している事業所住所があり、放射能測定器を擁し、且つ関 連法律法規を分かる企業は申請することができます。
問い:AQSIQ証書は紛失しました。どうすればよいのでしょうか?
答え:AQSIQ証書の所持者は、まず公開されたマスコミで紛失声明を発表し、且つ質検総局に証書の再発 給を申請します。
問い:もし我々のAQSIQ証書は期間切れで又は延期に失敗した場合は、我々は再度申請することができま すか?
答え:はい、規定によると、御社は再度申請することができます。
問い:AQSIQ証書を申請するには、どのような資料を提出しなければなりませんか?
答え:1.電子監督管理システムでオンラインで印刷された申請書、
2.公証を受けた商業文書と税務文書とその訳文、
3.御社の組織図の紹介と各部署、持ち場の責務の紹介
4.全面的に御社の企業所在地をアピールすることのできる写真又は映像。
5. ISO 9001証書又はRIOS証書のカラーコピー(もし御社の企業はISO9001認証を取得していな い場合は、我々はISO9001認証証書の取得に協力します)
6.関連作業指導文書

f:id:AQSIQ:20150825163717j:plain

AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)


王 傑(海外業務担当)

Homepage: http://www.aqsiq.jp

Mail: aqsiq@aqsiq.jp

AQSIQライセンス説明

国家質検総局(AQSIQ)によると、固体廃棄物が中国に輸出するのは三種類を分けられています。禁止類、自動類、限制類。

通常の禁止類固体廃棄物:廃ゴム、廃シリコーン、廃タイヤ、古服など

通常の自動類固体廃棄物:廃カバー、廃アルミニウム、古紙、廃鋼鉄

通常の限制類固体廃棄物:廃プラスチック、廃五金、混合金属くず

 

海外サプライヤーについて、中国にリサイクル業を進出するには、必ずAQSIQライセンスを取得します。AQSIQとCCICをもってこそ、貨物を順調に出荷できます。

AQSIQを取得するために必要な書類:

  1. 申請書(我々はフォームを提供します)
  2. 公証を受けた商業登記文書と税務文書
  3. 御社の組織図の紹介と各部署、持ち場の責務の紹介(我々協力できます)
  4. サイズを標明した会社の平面図(工場がある場合、工場の平面図も必要)、全面的に御社の企業の所在地をアピールすることのできる写真又は映像。
  5. ISO 9001証書のカラーコピー(もし御社の企業はISO9001認証を取得していない場合は、我々はISO9001認証証書の取得に協力します)

新規申請のAQSIQが3年の有効期間であり、期限前3-6ヶ月の間に、ぜひ更新の申請を行います。しないと、登録書が無効になります。

AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)


王 傑(海外業務担当)

Homepage: http://www.aqsiq.jp

Mail: aqsiq@aqsiq.jp

AQSIQインポートされた廃棄物原料海外企業登録ファイルを供給します

AQSIQインポートされた廃棄物原料海外企業登録ファイルを供給します

海外のサプライヤーからの廃棄物はAQSIQにAQSIQ AQSIQ登録証明書を申請し、中国に輸出する商品を得る必要があります、輸入者は輸出業者がAQSIQライセンスをお持ちでのみ扱うことができます。

    
登 録サービスのインポートされた廃棄物AQSIQの証明書、100%の成功率の私達の専門の代理店海外のサプライヤー企業は、インポートされた廃棄物の AQSIQ証明書、登録(事前応募AQSIQ ISO9001品質システム認証サービスを含む)のフルサービスアプリケーションを提供しています。

AQSIQ登録申請書類のインポート廃棄物AQSIQの証明書の海外サプライヤー企業

1、登録のためのインポートされた廃棄物のアプリケーションのAQSIQ海外のサプライヤー企業
2、公証税務登録書類、および事業者登録の書類;
3、組織、部門、文の仕事の責任;
4は、固定されたオフィスの空間設計のサイズを示す、処理部位がある、サイトの計画はまた、処理を提供する必要があります、完全に五人以上、実際の写真の場所、サイトを表示できます。
5、ISO9001品質マネジメントシステム認証またはRIOSシステム、およびカラーコピーおよび関連業務指導文書。

AQSIQ廃棄物を適用する外国の供給者は、以下の基本的な条件を満たしている必要があります。
1、国/地域の法的なビジネス資格(事業者登録証、税務登録書類);
2、オフィスは固定されています;
3、ISO 9001品質マネジメントシステム認証システムまたはRIOSを得られる;

 

 

f:id:AQSIQ:20140730145228j:plain

AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)


王 傑(海外業務担当)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司
〒310000 中国杭州市西湖区古墩路673号瑞博国際ビルA座1035室 
Mobile: +86571 13357103398 Skype: aqsiqsenmonka
TEL: +86571 28958575/86010586  FAX: +86571 86010586
Mail: hz@aqsiqservice.com   QQ: 2844149814
HP: www.aqsiqservice.com

AQSIQライセンスの申請・変更・更新・不服審査など

 
 
・中国国家質量監督検査検疫総局(AQSIQ)が輸出事業者登録制度で発表(2012年10月10日)

中国国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)ではこのほど、同総局に登録されている全世界の輸出企業リストを公表した。それによれば、全世界2746社で、うち日本は464社となっている。(登録事業者リストはこちらから

・AQSIQへの登録について(2009年11月2日)

中国国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)では、見直しを進めてきた国内外の再生資源輸出入企業の登録制度について、その内容を今年8月の公告119号を告示してきたが、海外の輸出企業に関する登録制度についてはこのほど公告98号を告示し、制度の実施細則を発表した。このなかで、新規に登録を行う企業はISO9001認証などが必要とされている。(申請用紙はこちらから)

・中国向け再生資源の検査検疫に関するのリンク

中国国家質量監督検験検疫総局(http://www.aqsiq.gov.cn/)

日中商品検査株式会社(http://www.spvjcic.com/)

CCIC・JAPAN株式会社(http://www.ccicjapan.com/)

料金のご案内:

● 印紙代・交通費・翻訳代金や送料などは全て込みの価格です。

○料金はすべて消費税抜きの価格となります。

不服審査
400,000円

(100%後払い、不服審査を失敗したら、料金を請求いたしません)

申請
900,000円(ISO9001認定料金込み)

(頭金30%、ライセンス入手後残金を請求いたします)

更新申請
100,000円

(頭金30%、ライセンス入手後残金を請求いたします)

変更申請(住所、会社名、代表者)
100,000円

(頭金30%、ライセンス入手後残金を請求いたします)

 

 

 

AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)

 王傑 (Calvin Wang)

HOMEPAGE:www.aqsiq.jp


Mobile: +86 15958115368 Skype: aqsiqsenmonka 

Mail: owencalvin@qq.com   QQ: 2844149814

f:id:AQSIQ:20140815113844j:plain