AQSIQライセンス取得代行

AQSIQ・CCIC新規・変更・更新・不服審査・再申請は全部承ります!最速1ヶ月新規取得

中国に輸入廃棄物管理

2006年、国家環境保護総局は『輸入類廃棄物審査・管理の制限強化に関する通知』を公布し、税関本部と合同で「スカイホールパッチングプロジェクト(空の穴修繕プロジェクト)」を展開し、廃棄物の中国への不法移入防止・取り締まりを行った。

国家環境保護総局は、廃金属(金・銀・銅・鉄・すず)・廃電器、廃電線・ケーブル及び廃電機の指定加工・利用を行う事業所に対する審査・認可・管理を強化し、28省・直轄市の企業505社を2006年の指定事業所として発表した。また、輸入廃棄物の加工・利用企業に対する監督管理を強化し、地方の環境保全部門を組織し、26件の輸入廃棄物に関する通報に対して調査を行い、5つの企業に対して輸入廃棄物申請の処理を暫定的に停止した。輸入廃棄物の「エリア管理」活動の継続を推進する。2006年7月、広東の肇慶市、江門市に輸入廃棄物加工エリアを建設することに同意した。

2006年、国家環境保護総局は3,577の輸入廃棄物加工・利用事業所からの1万2,051部の申請書類を審査し、固体廃棄物輸入許可証1万1,365部を発行、輸入廃棄物9,663万tの自動許可および制限付き許可を行った。通年で輸入量が多かったのは古紙、廃鉄鋼、廃金属(金・銀・銅・鉄・すず)、廃プラスチックの4種類だった。

2006年、国家環境保護総局は無錫新区、青島新天地工業パーク(静脈産業類)、山西安泰集団、張家港保税区、紹興袍江工業区、日照経済開発区、崑山経済開発区などの国家エコ工業モデルパーク建設計画を認可した。現在既に25の国家エコ工業モデルパークがある。

2006年、国家環境保護総局は、天津新技術産業パーク華苑産業区、寧波保税区(輸出加工区)、南通経済技術開発区、崑山経済技術開発区、寧波経済技術開発区、四川峨嵋山風景名勝区、四川青城山-都江堰風景名勝区、黄山風景名勝区をISO14000国家モデル区に認定した。2006年末現在、全国で合計31の区域がISO14000国家モデル区の称号を得た。

2006年、国家環境保護総局は、企業6社に「国家環境友好企業」の称号を与えた。2006年末現在、全国に38の国家環境友好企業がある。

 

AQSIQ申请:

王 傑/Calvin Wang(海外業務担当/Business Manager)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司 K&C International Consulting Co.,Ltd.

ISO9001 certificate authorized company

〒310000 中国杭州市西湖区古墩路673号瑞博国際ビルA座1035室

Room 1035, Building A, Simo International Mansion, No.673 Gudun Rd, Xihu District, Hangzhou 310012, China  

-------------------------------------------------------------
Mobile: +86571 13357103398  

TEL: +86571 28958575/86010586 

FAX: +86571 86010586 

Mail:hz@aqsiqservice.com  

HP:www.aqsiqservice.com

-------------------------------------------------------------

Meet us at

2016 ISRI Convention,

Booth#1753, April 4-6,

Mandalay Bay Convention Center, Las Vegas, NV

Re|focus Recycling Summit & Expo 2016, 

April 25-27, Rosen Shingle Creek Hotel & Conference Center, Orlando, Florida, USA.

N-EXPO 2016 TOKYO The 25th New Environmental Expo

May 24-27, Tokyo International Exhibition Center, Tokyo

2016 BIR World Recycling Convention & Exhibition, 

30th-31st May, Interl Continental Hotel, Berlin, Germany.

AQSIQ申請代理

輸出は可能ですが、日本の輸出者側および中国の輸入者側で、それぞれ当局へ事前の申請を行い、認可を得るなどの手続きを行う必要があります。

概略は、以下のとおりです。



1.中国における「輸入廃棄物原料国外供給企業登録」

中国に廃棄物原料等を輸出する場合、輸出者は、事前に、中国の国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)の「輸入廃棄物原料国外供給企業登録」を行い、登録許可を取得しておく必要があります。ウェブサイトからの登録申請も可能ですが、実際の手続きについては、弊社にお問い合わせ下さい。



2.中国側での廃棄物の輸入許可の取得

輸出者(荷送人)がAQSIQから輸入廃棄物原料国外供給企業登録の許可を取得し、契約がまとまった時点で、現地の輸入者(荷受人)側が、国家環境保護総局へ廃棄物輸入許可を申請し、保護総局の審査を経て、輸入許可書を取得します。なお、輸入許可申請は、AQSIQあてに行うのではない点にご注意ください。



3.日本での船積み前検査の申請

日本での船積み前検査を、AQSIQが認可した日本国内の検査機関で行います。

4.検査証明書"PRE-SHIPMENT CERTIFICATE"の取得

船積み前検査を受けて合格すれば、検査証明書"PRE-SHIPMENT CERTIFICATE"が発行されます。この証明書は、後に行われる中国での陸揚げ港での本検査(揚地検査)申請の条件となる重要な証明書となります。

 

 

AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)

 

 


王 傑

 

Homepage: http://www.aqsiq.jp

Mail: aqsiq@aqsiq.jp   QQ: 2844149814

 

古紙はこのようにして紙になります

  製紙工場に運び込まれた古紙は、最初に水(製紙工場では循環使用され、白水といいます)を入れた巨大なミキサーのようなパルパーという機械に投入され、底にある羽根の回転力によって水と混ざって繊維にほぐされます(今では、ドラム状の離解方式で異物除去をしながら繊維をほぐす装置を使って、古紙利用に効果を上げています)。

   新聞などのインキを取り除く場合には、あらかじめパルパーに脱インキ剤(界面活性剤)などの薬品を入れ、蒸気で加熱しておきます。金属や木片、プラスチックなどの紙にならない異物はこのパルパーで除去されますが、細かくなったものは次の工程のクリーナーやスクリーンといった機械で除去されます。

   ここから先は、インキ抜きするか、しないかで工程が変わってきます。

   インキ抜きの工程では、まず、紙の繊維からインキを剥がすためのニーディング装置を通り、いったんタワーという装置に貯蔵して、インキを剥がれやすくしておき(洗濯のつけおき洗いの要領)、フローテーターで繊維から分離しやすくなっているインキを細かい泡で捕まえて除去します。そして、再び、クリーナーやスクリーン装置を使って残っているノリや粘着物などの軽い異物を除きます。
   こうしてできあがった古紙パルプは、そのまま、あるいは新しいパルプと配合され、長いエンドレスの網を使った抄紙機(長網抄紙機といいます。このほか工夫された各種の抄紙機が実際に使用されています)で紙にされます。
   薄められた原料が、抄紙機の先端からヘッドボックスという装置から長網(ワイヤー)の上に流されると、水が網目から落ちて、水分が除かれ、網の上には、紙の層が作られます。この湿った紙の層は、次に毛布の上に乗せられ、移動するうちにプレスロールという装置で水が搾られ、次に、回転するドライヤー工程で乾燥され、最後に光沢を付けるカレンダーを経て、ロールに巻き取られます。このあと、ワインダーで巻き替えられて新聞用紙の巻き取りや印刷用紙の巻き取り製品になります。

   また、インキ抜きをしないでそのまま利用する場合には、主に段ボールやボール紙などの紙箱類に使用される板紙を作る抄紙機で紙になります。
   原料が充満したバット(容器)の中で、表面に網を張ったシリンダーが回転して、網の表面に作られた紙の層をシリンダーの上部に接している毛布に移します。このバットをいくつか並べ、紙の層を重ね合わせることによって厚い板紙が作られます。
   この毛布に移された紙の層は、長網抄紙機の場合と同じく、プレス工程(脱水)、ドライヤー工程(乾燥)、カレンダー工程(光沢加工)を経て巻き取られ、最後にワインダーで製品に仕上げられます。
AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)


王 傑(海外業務担当)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司
〒310000 中国杭州市西湖区古墩路673号瑞博国際ビルA座1035室 
Mobile: +86571 13357103398 Skype: aqsiqsenmonka
TEL: +86571 28958575/86010586  FAX: +86571 86010586
Mail: hz@aqsiqservice.com   QQ: 2844149814
HP: www.aqsiqservice.com

AQSIQライセンス更新の知らせ

AQSIQとは中華人民共和国国家質量監督検験検の略で、中棄物原料(プラ、紙、布など)を輸出する際、必ず必要な資格書です。棄物原料を中に輸出する前にCCIC or JCIC査を申請する際必ず必要な資格書です。貴社の係事業に影響をえないように、期限切れるまでに更新手きをするようにお知らせいたします。

 

我社はAQSIQの申請、延期、変更の事務を取り扱っています。弊社の社長は中国リサイクル協会貿易協調委員会の会長であります。我2007年の初めから、今まで世界1000ほどの会社にサービスを提供しました。貴社は申請の途中で分からない部分があれば,ぜひ 遠慮無く 聞いてください!

 

Homepage: http://www.aqsiq.jp

 

古紙のリサイクル

家庭や企業などで一度使われた紙のことで、ゴミとは別にリサイクルする目的で分別された紙を古紙といいます。一般的には、古新聞 ・ 古雑誌 ・ 段ボールなどであり、私たちのまわりにあるさまざまな紙が古紙となります。

古紙は汚れている紙とイメージされるかもしれませんが、決してそんなことはなく、大切な資源として有効利用されています。

 

 

なんで古紙をリサイクルするの?                                                                              

紙の原料である木材は限りある資源です。現在では木材の伐採による森林破壊が深刻化しています。そこで注目されているのが古紙のリサイクルです。古紙は捨ててしまえばゴミになりますが、リサイクルすることでまた紙に生まれ変わります。

古紙のリサイクルは、ゴミを減らし、森林資源を守ることに繋がっています。

 

 

 

 

f:id:AQSIQ:20151215181903j:plain

 

 

AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)


王 傑(海外業務担当)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司
〒310000 中国杭州市西湖区古墩路673号瑞博国際ビルA座1035室 
Mobile: +86571 13357103398 Skype: aqsiqsenmonka
TEL: +86571 28958575/86010586  FAX: +86571 86010586
Mail: hz@aqsiqservice.com   QQ: 2844149814
HP: www.aqsiqservice.com

 

 

 

 

 

古紙・紙くずの現地輸入規則および留意点:中国向け輸出

中国から古新聞を買い取りたいとの引き合いがありました。中国に輸出は可能でしょうか。

中国へ古紙を輸出することは可能ですが、一部に中国側で輸入禁止になっているもの(廃特殊紙)があり、規制もあります。
中国政府は近年、古紙を含むリサイクル材については環境汚染防止と品質の事前チェックのために管理を強化しており、以下の方向から規制を加えています。

I. 業者登録制度
外国側輸出者(国外供給業者)と中国側輸入者(国内荷受人)の双方を業者登録登記することにより、輸入ルートを管理しています。

中国に廃棄物原料等を輸出する場合、国外供給業者も国内荷受人も、事前に、中国の国家品質監督検査検疫総局(以下、「国家質検総局」)に「輸入廃棄物原料国外供給企業登録」または「輸入廃棄物原料国内荷受人登録」を行い、登録許可を取得しておく必要があります。

業者登録の申請は、国家質検総局ウェブサイトの「輸入する原料に利用できる固体廃棄物の電子監督管理システム 」から直接申請することができます。登録許可には、相当の時間がかかることがあります。

国外供給業者の申請条件の1つとして、企業はISO9001品質マネジメントシステム、RIOSシステム等の認証を取得する必要がありますので、ご留意ください。

II. リサイクル材の内容に応じた分類リスト管理
輸入禁止類、輸入制限類、自動許可類の3種類に分けられます。

中国政府は環境汚染を防止するため、固体廃棄物の内容に応じて、2008年、「輸入禁止固体廃棄物リスト」、「輸入制限類の原料に利用できる固体廃棄物リスト」、「輸入を自動的に許可する類の原料に利用できる固体廃棄物リスト」を発表しました。

さらに2009年、中国政府は上述のリストの改正、内容追加を行い、かつ新しいリストを公布しました。そのうち、古紙に関する内容は以下のとおりです。

 

a. 輸入禁止
六、廃特殊紙(HSコード4707900010 ) :
回収(破砕)壁紙、ろうを塗布または染み込ませた紙、複写紙(未選別の破砕品を含む)。
廃ノンカーボン紙、感熱紙、アスファルト防潮紙、粘着紙、油を染み込ませた紙、使用済みの液体包装紙(テトラパック)を含む。

b. 輸入制限
七、回収(破砕)紙およびボール紙 (HSコード4707900090):
その他回収紙またはボール紙(未選別の破砕品を含む)。
廃壁紙、ろうを塗布または染み込ませた紙、複写紙、ノンカーボン紙、感熱紙、アスファルト防潮紙、粘着紙、油を染み込ませた紙、使用済みの液体包装紙(テトラパック)を除く。

c. 自動許可
二、回収(破砕)紙およびボール紙 (HSコード4707100000、4707200000および4707300000) :
(1)回収(破砕)未漂白のクラフト紙、ダンボールまたはボール紙。
(2)回収(破砕)漂白した化学パルプからなる紙およびボール紙(本体が染色されていない)。
(3)回収(破砕)機械パルプからなる紙またはボール紙(例えば、新聞紙、雑誌および類似の印刷物)。

 

III. 日本での船積み前検査の申請
廃棄物原料船積み前、国外供給業者は、国家質検総局が授権した日本国内の検査機関に船積み前検査を申請しなければならないので、ご留意ください。授権された日本国内の検査機関は、以下の2つです。

  1. 日中商品検査株式会社【JAPAN-CHINA COMMODITIES INSPECTION CO., LTD.】
  2. CCIC JAPAN株式会社【CCIC JAPAN Co., LTD.】


当該2つの機関の業務範囲、区域および連絡先等については、文末の参考資料・情報の「授権された輸入廃棄物原料船積み前検査機関の業務範囲及び区域を明確にすることに関する公告」をご参照ください。

船積み前検査を受けて合格すれば、船積み前検査証明書「PRE-SHIPMENT CERTIFICATE」が発行されます。この証明書は、中国側の輸入貨物受取人が中国の陸揚げ港での本検査(揚地検査)を申請するときに必要な証明書になります。

 

AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)


王 傑(海外業務担当)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司
〒310000 中国杭州市西湖区古墩路673号瑞博国際ビルA座1035室 
Mobile: +86571 13357103398 Skype: aqsiqsenmonka
TEL: +86571 28958575/86010586  FAX: +86571 86010586
Mail: hz@aqsiqservice.com   QQ: 2844149814
HP: www.aqsiqservice.com

AQSIQ 概要


中華人民共和国の直属機関である国家質量監督検験検疫総局(以下、「AQSIQ」という)は、中国国内
で製造・販売される商品の品質や安全性を検査し、認証する機関であり、輸出入される商品の検査・試
験、動物の検疫、輸出入食品の安全と認定認可、標準化等の業務を主管し、行政執行職能を行使する。
AQSIQ は 2001 年 4 月に「国家入出境検験検疫局」と、「国家質量技術監督局」とが統合されて設立され
た。質検総局と称されることが多い。
英語名称は General Administration of Quality Supervision, Inspection and Quarantine of the
People's Republic of China(AQSIQ)。

AQSIQ は 2001 年 4 月に「国家入出境検験検疫局」と、「国家質量技術監督局」が統合されて現在の国
務院直属の「国家質量監督検験検疫総局」が誕生し、現在に至る。
初代局長には、1999 年から 2001 年 4 月まで国家出入境检验检疫局の局長を務めていた李長江氏(そ
の後、2008 年に中国国内で発生したメラミン入り粉ミルク事件で引責辞職した)が就任した。

 

AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)


王 傑(海外業務担当)

Homepage: http://www.aqsiq.jp

Mail: aqsiq@aqsiq.jp