AQSIQライセンス取得代行

AQSIQ・CCIC新規・変更・更新・不服審査・再申請は全部承ります!最速1ヶ月新規取得

輸入綿国外供給企業登録によくあるQ&A

1.Q:国外供給企業登録は、どのように申請材料を提出しますか?

    A:国家質検総局2008年第87号公告の規定によって、登録を申請する供給企業は、すべての書面材料を郵便或いは急便の方式で国家質検総局に送ることにします。国家質検総局は、企業から直接に提出した登録申請資料を受け入れなく、そして、ファックス、或いはE-mailで提出した申請材料も受け入れません。

    郵便、或いは急便の登録材料は、下記の住所に送るべきです。「北京市海淀区馬甸東路9号国家質検総局検査監管司軽紡拠 郵便番号:100088」、封筒に「綿登録」を明記しなければならなりません。

 

2.Q:登録プロセスにおける問題の問い合わせ先は、何ですか?

    A:申請供給企業は、電話番号(0086-10-82260504)、或いはE-mail(アドレス:cotton @aqsiq.gov.cn)を通じて、関連申請問題をお問い合わせできますが、本局は、企業の直接な来訪をお断りいたします。

 

3.Q:国家質検総局への登録申請、書面審査には、費用を支払わなければなりませんか?

A:国家質検総局が登録申請及び書面審査を扱うには、何の費用も要りません。

4.Q:供給企業現場審査業務には、どの機構が審査を行いますか?

    A:国家質検総局が国外供給企業の現場審査業務を組織し、実施して差し上げます。

 

5.Q:国家質検総局は、国外企業に対して現場審査を行う時、費用を徴収しますか?

    A:現場審査には、何の費用も納めませんが、現場審査の時、受検企業が必要な交通面な便利を提供する必要があります。その時、具体的に書面方式によって企業に通知いたします。

 

6.Q:供給企業は、どのような資格を備えると登録申請を提出できますか?

    A:中国大陸に綿を輸出する供給企業皆提出できます。供給企業とは、中国に輸出する貿易契約、領収書に明記した売り手のことを指し、綿の栽培、加工、生産、倉庫企業でも良いし、貿易会社でも良いです。登録を申請する企業は、国家質検総局2008年第87号公告に掲載した条件に満たさなければなりません。

 

7.Q:国家質検総局は、専門的な機構を指定して、綿供給会社に登記サービスを代理しますか?

    A:国家質検総局は、如何なる機構を綿供給会社登録サービスの代理として指定することはしません。申請企業は、自分で代理人或いは機構を委託して、規定によって登記材料に委託代理証明文書を付けるべきです。

 

8.Q:申請供給企業は集団会社である場合、どうして登録を申請しますか?

    A:申請供給企業は、集団会社である場合、貿易を便利させるため、集団会社に属する子会社はぞれぞれ登記を申請することを建言いたします。

 

9.Q:未登録の供給企業は、入国通関の時どの基本状況資料を提出しなければなりませんか?

    A:まだ登録したことがない供給企業の貨物入国通関の時、登録企業の要求に規定した文書フォーマット及び内容によって、すべての材料を提出しなければならなりません。

 

10.Q:供給企業は、登録を申請するとき、どのような材料を準備すべきですか?

    A:国家質検総局が2008年87号公告の規定によって、供給企業の登録申請は、普通9つの材料を提出する必要があります。

    (1)『輸入綿国外供給企業登録申請書』

    (2)有効的な合法商業登録文書(写し)

    (3)供給企業の生産/経営と品質コントロールの基本材料

    (4)組織構成、部門とポジションの職責

    (5)安定的な経営場所、或いは加工場所の資料(平面図)

    (6)綿の品質コントロールの承諾(供給源と供給品質コントロールの承諾)

    (7)前年度の輸入綿貿易の中に、厳重な品質問題があり、有害物質を検出し、そして厳重な結果になる記録は、一切ない宣言。 

    (8)申請企業は、供給側の品質コントロール方式に対する証明

    (9)中国の輸入綿に関する検査検疫法律法規。

 

11.Q:輸入綿国外供給企業は、どのように提出すべき資料を用意しますか?

    A:(1)『輸入綿国外供給企業登録申請表』:共に4ページ、内容は、『「輸入綿国外供給企業登録申請表」記入説明』の要求で記入し、本物を提出すること。

          (2)有効的な合法工商登録文書(写し):工商登録文書とは、申請企業の商業登録免許(写し)、中国語説明を加えて説明しなければならなく、おもに、登録証書の種類、証書の内容、発行機構、発行日付などを含むこと。

          (3)供給企業の生産/経営と品質コントロールの基本材料:(企業は、綿が中国法律法規と契約の要求に満たさせるために実施したシリーズの措置とやり方です)。綿の品質検査制度、計測、装置検定制度、輸出綿梱包コントロール制度を含むこと。

綿品質検査制度とは、申請企業は、自分が生産、調達、販売している綿に対してどのような検査規定或いはやり方をとっているかのことを指します。

計測、装置検定制度:計測装置リスト、各種装置の数量、計測装置設備に対する定期的な、或いは不定期的な検定、メンテナンスなどの規定を指します。企業の配置は、綿の生産、検査、梱包の需要に満たすべきです。供給企業は、関連装置がない場合、当該材料を提出しなくてもよいです。

輸出綿の梱包コントロール制度は、国際基準化組織_ISO8115―1986(E)の規定、海運に適する締付機のプレスでシールを作る梱包規定、梱包物料の関連要求(綿、綿布、PVCなどその他の異性繊維を生じることがしない物料)に従ったかどうかを含むべきです。 

(4)組織構成、部署とポジション職責:企業が品質コントロール管理を及ぼした部門及びそのポジション職責を指し、文字でも、フレーム図でも説明すること。

(5)安定的な経営場所、或いは、加工場所の資料(平面図):固定経営場所の住所、サイズを表明している写真、加工場所の住所、サイズを表明している平面図、写真資料。

(6)綿品質コントロールの承諾(供給源及び供給側品質コントロールに対する承諾):承諾内容が明確で完全であること、承諾書に対して本物を提出すること、供給企業の有効捺印と法的代表者の署名を有することを要求すること。

(7)前年度の輸入綿貿易の中に、厳重な品質問題があり、有害物質を検出し、そして厳重な結果になる記録は、一切がない宣言。

供給企業の有効な捺印と代表者の署名を有すべきです。

(8)申請企業は、供給側の品質コントロール方式に対する証明。

企業は供給側の品質コントロールに対する関連要求と貨物源品質の検収方式(自分検査、或いは委託検収、1部の自分検査或いは委託検収の証明を提出すべきである)を提出してください。

(9)中国の輸入綿に関する検査検疫法律法規。

『中華人民共和国輸出入商品検査法』及びその実施条例、『中華人民共和国輸出入動物植物検疫法』及びその実施条例、『中華人民共和国国境衛生検疫法』及びその実施条例、『中華人民共和国輸出入植物検疫有害生物名簿』及びその実施条例を含む文書の本文を提出すべきです。具体な文書内容は、どうぞ国家質検総局のホームページ(http://www.aqsiq.gov.cn)をアクセスして、検索し、或いはネットワークによって検査してください。

 



輸入綿国外供給企業登録について:(日本語対応連絡先)

王 傑(海外業務担当)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司

〒310012 中国杭州市西湖区学院路28号徳力西ビルA座9F

Tel:0086‐571-86010586  携帯: 0086‐13357103398

Fax:0086‐571-28138800 Q Q: 2844149814 

メール:hz@aqsiqservice.com

Skype:aqsiqsenmonka

HP: www.aqsiqservice.com