読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQSIQライセンス取得代行

AQSIQ・CCIC新規・変更・更新・不服審査・再申請は全部承ります!最速1ヶ月新規取得

古紙はこのようにして紙になります

  製紙工場に運び込まれた古紙は、最初に水(製紙工場では循環使用され、白水といいます)を入れた巨大なミキサーのようなパルパーという機械に投入され、底にある羽根の回転力によって水と混ざって繊維にほぐされます(今では、ドラム状の離解方式で異物除去をしながら繊維をほぐす装置を使って、古紙利用に効果を上げています)。

   新聞などのインキを取り除く場合には、あらかじめパルパーに脱インキ剤(界面活性剤)などの薬品を入れ、蒸気で加熱しておきます。金属や木片、プラスチックなどの紙にならない異物はこのパルパーで除去されますが、細かくなったものは次の工程のクリーナーやスクリーンといった機械で除去されます。

   ここから先は、インキ抜きするか、しないかで工程が変わってきます。

   インキ抜きの工程では、まず、紙の繊維からインキを剥がすためのニーディング装置を通り、いったんタワーという装置に貯蔵して、インキを剥がれやすくしておき(洗濯のつけおき洗いの要領)、フローテーターで繊維から分離しやすくなっているインキを細かい泡で捕まえて除去します。そして、再び、クリーナーやスクリーン装置を使って残っているノリや粘着物などの軽い異物を除きます。
   こうしてできあがった古紙パルプは、そのまま、あるいは新しいパルプと配合され、長いエンドレスの網を使った抄紙機(長網抄紙機といいます。このほか工夫された各種の抄紙機が実際に使用されています)で紙にされます。
   薄められた原料が、抄紙機の先端からヘッドボックスという装置から長網(ワイヤー)の上に流されると、水が網目から落ちて、水分が除かれ、網の上には、紙の層が作られます。この湿った紙の層は、次に毛布の上に乗せられ、移動するうちにプレスロールという装置で水が搾られ、次に、回転するドライヤー工程で乾燥され、最後に光沢を付けるカレンダーを経て、ロールに巻き取られます。このあと、ワインダーで巻き替えられて新聞用紙の巻き取りや印刷用紙の巻き取り製品になります。

   また、インキ抜きをしないでそのまま利用する場合には、主に段ボールやボール紙などの紙箱類に使用される板紙を作る抄紙機で紙になります。
   原料が充満したバット(容器)の中で、表面に網を張ったシリンダーが回転して、網の表面に作られた紙の層をシリンダーの上部に接している毛布に移します。このバットをいくつか並べ、紙の層を重ね合わせることによって厚い板紙が作られます。
   この毛布に移された紙の層は、長網抄紙機の場合と同じく、プレス工程(脱水)、ドライヤー工程(乾燥)、カレンダー工程(光沢加工)を経て巻き取られ、最後にワインダーで製品に仕上げられます。
AQSIQ申請、更新について:(日本語対応連絡先)


王 傑(海外業務担当)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司
〒310000 中国杭州市西湖区古墩路673号瑞博国際ビルA座1035室 
Mobile: +86571 13357103398 Skype: aqsiqsenmonka
TEL: +86571 28958575/86010586  FAX: +86571 86010586
Mail: hz@aqsiqservice.com   QQ: 2844149814
HP: www.aqsiqservice.com